中堅高校卒で1浪中の者です。

高校時代から一貫して東大志望ですが、一貫して東大を志望校に挙げることすら恥ずかしい勉強量と学力です。

先日、12月に受けた駿台センタープレテストが帰ってきました。結果は散々。大東亜帝国レベルの大学ですらもD判定。

このままでは2011年のセンターは壊滅するでしょう。東大なんて夢のまた夢です。

両親は言いました。

「2浪目は認めない。去年、お前は『今年(1浪)で最後にする』と言った。話が違う。その上、この成績だ。これまで頑張れなかった奴が来年頑張れるとは思えない。このままでは一生、大学受験をする羽目になる。いい加減、現実を見ろ。」と

僕は何も言えませんでした。勉強をしてこなかったのは自分自身です。どう言ったところでそれは変わりません。

「いまの成績で行ける大学へは行きたくない」と僕が主張すると「行きたくないなら行かなくていい。さっさと就職しろ」と両親は口を揃えて言いました。

高卒就職は「行きたくない大学に行く」ということよりも嫌です。

結局はいわゆる「Fランク大学」という所に入るしか僕には選択肢がありません。両親を説得するのも自信がありません。


でも僕は東大に行きたいんです。なんとしても行きたいんです。

駒場キャンパスを悠々と踏みしめ、東大生として自信に満ち溢れている自分自身が欲しいんです。


諦めるなんて出来ません。


僕はこのまま行きたくない大学に行ってでも、仮面浪人をするしかないのでしょうか?





ITさんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
高校時代からずっと東大志望でがんばってきたなんて素晴らしいです!
最初のこころざしを貫徹できるということはそれだけで十分すごいことです。
それくらいの気持ちがあれば、東大受験を続けてゆくことができますよ。
ぜひこれからも、東大を諦めきれないという強い感情を大切にしていってくださいね。
就職するよりはましだと思っているということでしたら、行きたくない大学に行って東大合格のための受験勉強を続けるというのでもいいし、
家族を説得できないならば、実家を出て一人暮らしをしてアルバイトをしながら東大合格のための受験勉強を続けるという方法もあります。
このように、東大へと続く道はいろいろあるので、そのなかで自分にとって最も都合の良い道を選んでがんばっていってくださいね。
そして全国で東大合格を目指してがんばっている東大受験生仲間と一緒に、東京の駒場キャンパスで華やかな東大生ライフを楽しみましょう!


お返事ありがとうございました。

サトルさんの回答で少し心が軽くなったような気がします。また、メールを書く過程で思考の整理も出来たような気がします。

まだ東大受験への道が完全に絶たれた訳ではないですし、諦めなければ生きている限り可能性はあるでしょうしね。

それに今年のセンターもまだ終わっていません。

もう少し、足掻けるだけ足掻いてみようと思います。


こんにちは、サトルです。
お返事どうもありがとうございました。
最後まであきらめないと言う気持ちはとても素晴らしいですね!
ぜひその調子でがんばってくださいね。

« Yさんより、浪人についてのお話 | メイン | »