こんばんは。
メルマガいつも参考にさせて頂いています。
高3のレインと申します。

初めてのお便りの上に、とても長文になってしまって、大変申し訳ないのですが…
最後まで読んで頂けるとうれしいです。

実は、今日、母に、私は本当に東大に行く気があるのか、と問われました。

私は、「今ここで諦めたら、きっと後悔する」と母に答えたのですが、
母に、「でも、あなたは未だ東大受験生としての体制が整っていない、そんなんじゃどんな大学も受からない」と言われてしまいました。
確かに、私は、休みの日になるといつもダラダラと過ごしてしまうし、勉強も、周りの東大受験生に比べて大してしていません。
周りの方々に比べたら、かなり遅いと思いますが、今、自分なりに、少しずつ直そうと努力しています。

ですが、今日、母に本当に東大に行く気があるのか、と問われて、この話をして、自分が改めて、何故東大を志望したかを考えてみたら、それは、たまたま模試の成績がよかったがために、担任の先生に薦められたからだったことを思い出しました。
当時の私は、東大への憧れは、漠然とありましたが、自分には無理だと思って、諦めていました。
でも、先生の話を受けたら、自分の気持ちも変わって、東大を受験したくなるかもしれない、東大を受けることに対しての怯えもなくなるかもしれない、と思って、東大を受験することに決めました。
でも、さらに怯えるだけで、何も変わらずに、とうとう高3まで来てしまいました。
今は、一度決めた目標を変えたくない、もっと強くなりたい、自分に勝ちたいと思っています。
でも、未だ心の何処かに、自分は本当にやれるのか、
又逃げ出すのではないか、
という不安があります。

どうしたら、この不安を取り除いていくことができますか?

具体的な目標と確固たる自我を、私はちゃんと持てているのでしょうか?

本当にあほらしい質問でごめんなさい。

長い駄文をここまで読んで下さり、ありがとうございました。
よろしくお願いします。





こんばんは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
レインさんはいまとても大切な経験をしている最中なのですね。
確固たる自我といっても、それは常に前向きでがんばるということではありませんので、安心してくださいね。
東大に行きたい気もするし、東大はむりだという気持ちもあるし、様々な感情が渦巻いているのが通常の人間の心です。
それでも、そういった願いや悩みなどを考えているのは紛れもないレインさん自身なのですから、しっかりとした自我を備えています。
不安という高度な感情を持っているという特徴は、社会化された人間であればだれにでも当てはまることです。
だから不安を完全に消滅させることはできませんし、もしそれができたとしたら、その人は単なる動物になってしまいます。
悩みながら、迷いながら、それでも残る東大への気持ちを頼りにして前になんとか進んでいこうとする過程こそが、
何も考えずに安穏と惰性で暮らす人々には無い、レインさんのように正面から人生に向き合っている真剣な人の成長そのものです。
不安を小さくして安心して受験勉強をするためには、できることから始めてみるといいですよ。
具体的な目標というのも、東大に合格するという大きな目標から、○○の本の何ページを学習するというような小さな目標まであります。
小さな目標を少しずつ積み重ねてゆくことで、そのときになってふと気付くと大きな目標がすぐ手の届くところに見えたりします。
たくさんの小さな自信を積み重ねて、大きな自信にすることにより、迷うことなく自然に合格できるようになります。
成長したいという気持ちがある限りだいじょうぶですから、あまり緊張せずにリラックスして受験生活を送ってゆきましょう。


メールありがとうございました。
あんなに早く返信が頂けるとは思ってもいませんでした。

はい。
自分のこの気持ちを大事にして、これから前に進んで行こうと思います!
羽林先生のお便りを読んでたら、涙が零れてきました…
少し安心することができました。
もっと頑張ろう、という気持ちになりました!


羽林先生も、いろいろとお忙しいのにも関わらず、返信本当にありがとうございました。
勇気を出してメールを送ってみて本当によかったです!
これからもメルマガ楽しみにしています。

夜分遅くに大変失礼致しました。

P.S.もしもこのメールで、先生がお休みになっている所を起こしてしまっていたら、本当にごめんなさい。
返信本当にありがとうございました。


こんにちは、サトルです。
お返事どうもありがとうございました。
昨日はたまたまパソコンを見ていてお返事しました。
そうですね、今の気持ちを大切にしてゆきましょう。
緊張し過ぎずリラックスして適度にがんばりましょう。
このメールアドレスは携帯電話ではないのでだいじょうぶです。
全国でがんばっているみんなと一緒に、これからも目標達成にむけて少しずつ前進してゆきましょう!

« | メイン | »