こんにちは.コクロです.

6/25のメルマガのヤスさんにとって少しでも参考になれば、と思い、以下のことをお伝えします.

ある脳科学者さんの本で読んだ内容ですが...

仕事や勉強をするときは、何時間かやって疲れたら休み、また始める.というやり方よりも、20分とか30分という短いスパン毎に休憩を取るとよいそうです.

そんなに休んで勉強が進むのかと思われるかもしれませんが、一回の休憩は30秒とか1分程度にするのです.

つまり、「短く頻繁に」休むのが能率的だということでしょう.

すると、「たまに長く」休むのとどちらがいいのかという疑問が生じますが、どうやら「短く頻繁」の方が効果が高いように僕は思います.

それを証明する格好の例は心臓です.

心臓は生涯拍動を続け、いついかなる時も休んでいないように見えますが、実は一回一回の拍動の間にわずかな小休止があり、それが絶え間ない拍動を可能にしているそうです.
(伝聞の知識にすぎないので詳しいことは分かりませんが…)

ということで僕はこのやり方を採用していて、実際、格段に持続力が上がりました.

僕の場合は、30分につき1分くらい、立ち上がって体を伸ばしたり、全身の力を抜き切ったりします.

ヤスさんにも合うかどうか分かりませんが、ちょっと試してみる価値はあると思います.

長文失礼しました.





コクロさんこんにちは、サトルです。
ヤスさんへのメールどうもありがとうございました。
いろいろな本を読んでいてとても勉強家ですね。
そして実際に自分で試してみたことというのはとても印象に残ると思います。
きっとヤスさんもすごく喜んでくれることでしょう。
あとでメールマガジンで紹介させていただきますね!


こんにちは.コクロです.

今回は、質問とか相談とか呼べるほど理性的ではない、身勝手なお願いをさせて下さい.

長らく心の中に鬱積してきた、しかし友人などに話すにはあまりにもプライベートな、生々しい苦しみ、苛立ち、憎しみ、悲しみを、どうしても(言葉が少々汚いですが)ぶちまけてしまいたいんです.

特別なアドバイスをいただきたいわけでもなく、ただサトルさんに耳を傾けてもらえれば、そしてわがままを言えば東大受験生という仲間にも聞いてもらえるなら、それだけでもう心はこの上もなく軽くなれると思うんです.

まだ未熟でしょうが、自分なりに工夫して普段から論理的に考えることをしてきました.
ただ、今回だけは、思う存分感情的に心の中をひたすら吐露させてほしいのです.

ですが、ほとんどただの愚痴と言われても仕方のないメールをいきなり送るのは気が引けて、やはりサトルさんの了承を得なければと思う次第です.

改めてお願いします.
自分の悩みのありのままを、サトルさんにぶつけてしまってもいいでしょうか?


コクロさんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
どんなお話でもかまいませんので、ぼくでよければ何でもメールしてくださいね。
言いたいことを言うということはとても大切なことです。

« | メイン | »