ナンさん、初めまして。
僕も自宅で学習して東大を目指している
18歳です。ナンさんよりずっとハードルが高いです(笑)。

理系のナンさんは、はやぶさが帰還するニュースを見ましたか?
日本中の人が感動しましたよね。そして
去年までは予算削減を強固に進めていた事業仕分けの人たちも、
意見を変えざるえなくなりました。
このニュースを見て現実で起こってしまったこと
の前には、偏見や先入観は消えて無くなる・・・・ということを
僕は学びました。(いつもサトルさんが言ってることですよね)
「東大なんて無理!」という意見も、ただの偏見なんで
(そうじゃないと自分の価値観を守れないから)
お互い頑張って東大に入って、その偏見を打ち砕きましょう!





こんにちは、サトルです。
ナンさんへのメールどうもありがとうございました。
あとでメールマガジンで紹介させていただきますね!


いつもお世話になってます。○○です。
今日親が、東大卒で活躍している人の著書を
買って来て僕に読ませてくれました。
(僕に発破をかけるつもりだったのでしょうか・・・・)
その人は、誰でも知っている名門N校→東大現役合格という
経歴なので、「もともと頭が良かったんだろうな」と
軽い気持ちで読んでいたのですが、食事とトイレと入浴以外
全ての時間を勉強に充てて、教科書何百ページも暗記していた
というエピソードがあって、さすがに驚きました。
超名門校に通っていたから東大に合格できたわけじゃなく、
その人が勉強していたから東大に受かったんですね。
当たり前のことなんですが、「進学校の生徒には負けない」と思っていた
僕はまだまだ考えが甘かったです。


○○さんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
とても大切なことに気がつくことができて、本当に良かったですね!
まだまだだと感じた時点から、また新しい道が始まります。
どんなに為になる話を聞いても、だれもが気づきを得られるわけではありません。
為になる話を聞いて、そこから気づきを得られる人は、普段から努力している人です。
○○さんはだからこれからも努力してさらに成長することができますよ。
そして進学校の勉強している生徒と勝負して勝って東大に合格してくださいね。


今日のメルマガで、また気づきが得られました。
エリートが待遇が良いのは、かなり責任が重いからなんですね。
一つ誤った方向に行けば、多くの人の人生を狂わせますよね?
医者、パイロット、弁護士などの職業に就いている人の給与が
総じて高いのも、多くの人の命や人生を預かる重大な仕事だからですよね。
「頭が良く難関試験に合格したから」という理由ではなく。
そう考えると、僕はエリートになる資格は無いかもしれないです。


こんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
そうですね、エリートというものは、まさにそういうものですね。
頭の善し悪しも学歴も試験も何も関係なく、みんなのために動きたいという意識を持っている人がエリートです。
でも、いまの段階でエリートになる資格がないかもしれないと心配する必要はありませんよ。
いま社会の第一線で活躍しているエリートたちだって、最初はエリートになる資格も能力も持っていませんでした。
エリートになろうと思いながら自分を磨いて成長してゆく過程で、本当にエリートになることができたのです。
資格があるかどうかについて悩むという経験も、人をエリートたらしめる有用な経験です。
順調にエリートへの道を歩んでいるようですね。

« | メイン | »