こんにちは。サザエです。
私は、4月から予備校に通っていますが、幸いにして特待生として入ることができました。
6月4日のKさんのお便りで、予備校にウザイ奴がいるとのことでしたが、やはりどこの予備校にもそういう人がいるものなんですね。私の通っている予備校でも迷惑なウザイ人います。

4月から予備校に通うようになって少し気になったことがあるので聞いてください。まだ、大学生になってもいないのに、髪を染めたりピアスしたりして予備校に来ている人をみると「???」と思います。しかも髪染めて、全然似合ってないのに、自分では似合ってると思って格好つけている人を見るとかなり痛いです 。もちろん私もオシャレや恋愛に興味はありますが、今はそんな余裕ありません。大学に合格したら、それなりに楽しみたいと思っていますが。

話少しそれましたが、ファションはそれほど人に迷惑はかけないので、まだいいとしても、予備校の自習室や階段でうるさく喋っているのはかなり迷惑です。そんな私は耳栓をしています。

予備校に通って志望校に受かる人はほんの一握りだということはサトルさんも何回もおっしゃっていました。そんな一握りの人間になれるように必死に頑張ろうと思います。ややもすれば、たるみがちな自分に活を入れる意味でもメールを送らせていただきました。読んでくださってありがとうございました。





サザエさんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
そうですね、やっぱりどこにいっても迷惑な人というのはいるものです。
自分の校舎だけではないということが分かったのは良かったですね。
そういう人たちも、大学に行って世間を知れば、自分のファッションが似合っていなかったということに気づいて恥ずかしくなることでしょう。
その前に、大学に行けるかどうかという問題はありますけれども。
それよりも、騒音を出して他人に迷惑をかけるというのは非常に困りものですね。
どうしても耐えられない場合は予備校の事務所の人に言うのもいいし、耳栓をするなど自分で工夫をして対策をしているというのもとてもいいと思います。
「彼らの払ったお金で予備校がタダになった、ラッキー!」というふうに、余裕のある気持ちでいましょう。
サザエさんは特待生になれたというだけですでに一握りの成績優秀なグループに入っていますから、ぜひ自信を持って堂々とがんばっていってくださいね。

« | メイン | »