昨年の12月に東大模試でも合計100点しかないしお金がないから宅浪せなあかんし、っていう内容で相談メールを送らせてもらった○○という者です。
先日配信していただいたメルマガが、12月に私が送ったメールを読んで、私にアドバイスして下さった、そういう内容だったのですが、読んで心に引っかかってた重いものが少しは軽くなった、そのような気持ちになってサトルさんやアドバイスして下さった方に心から感謝する次第です。

さて、今年私はセンターが705/900だったのですが私の高校の担任の先生を含め色々な人と相談した結果東大を回避してしまって、今はそのことで悔しさ一杯の状態で、よって今年宅浪するに至りました。

そこで問題が起こったのですが、あらゆる受験勉強本や受験サイトを巡ると、戦略・作戦やソレに基づいた計画が重要であるということが共通して主張されていて、私もそれは確かに必要なものであると勉強以外の経験で同感なのですが、いざそれらを自らで組み立ててみようとなると、どうすればいいのか途方に暮れてしまいます。宅浪は浪人生の中でも時間の自由が最も利く立場だというアドバンテージを生かすために、どう作戦・戦略を練って計画すればいいのか、サッパリなんです。

センター、2次でこれこれの点数、数学は○○点、英語は△△点、みたいに目標点数を具体的に提示することは出来るのですがその点数に到達するまで、どんなレベルの問題をどんだけ解けばいいのか、あるいはどの程度の知識をどれほど暗記すべきなのか、そういった目標を達成するための必要な勉強量が2次試験においては把握できないんです。よってその計画・作戦・戦略も漠然としたものにしかならないのです

1年での逆転合格を考えた際、おそらく、「各教科まんべんなく」では合格に到達しないんじゃないかということを感じるのです。この教科は時間かけて、本番でも高得点を狙うがこの教科はあまり時間を割かずに、足りない点数分は高得点を狙う科目でカバーするといった感じにする必要があると。それに、仮に「これこれの点数に至るにはこれこれの問題をこんだけ解く」というのが仮に自分で把握できたとしても、ソレをやったからといって本当に目標どおりの学力を身につけることが出来るのか保証出来ないところに不安を感じずにはいられません。

戦略・作戦・計画を立てる際に、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉がありますが、今の私は、恥ずかしながら、自分がどんな特性があるのかということがいくら考えても分からないし、東大入試のレベルも、当然それがとても難しいということは分かるけれど、具体的にどれくらいのレベルなのかもよく分からないのです。

長々と書いてしまいましたが、「どのように作戦・戦略を立てて、計画したらよいのか」という点で、サトルさんやメルマガを読んでくださっている皆様に、質問したいと思います。
なにかと面倒でしょうがよろしくお願いします。
いつもいつも迷惑かけてすみません。





○○さんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
東大受かる塾で成績を倍増させたSさんから親切なアドバイスが届いて本当に良かったですね。
○○さんがこんなに喜んでくれていたら、きっとSさんも嬉しい気持ちになると思いますよ。
それでは本日のメールマガジンでご紹介しますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

« | メイン | »