サトルさん、○○です。
あれ以来、まさかの時の為に、と往生際悪く2次対策を続けています。
あんな点数で足切りクリアなんて考えにくいかもしれませんが、とりあえず信じています。
念のために願書は前・後期両方東大にしました、大胆です。
ところがやっぱりそんな風にしていても、足切りを本当にクリアしているんだろうかと不安になって、閉塞感を感じ、苦しくなって来ます。
勉強内容は、テクニックだけの1次試験対策の時と違って、2次試験対策は本質をやっている感じがして、面白く感じたりする時があったり、学校が無くなったおかげで時間を無駄にする必要が無くなったりで、ペースは良くなったように思えるんですよね
なのに、この閉塞感がとにかくヤバい。

まあ最も足切りを不安に思っている段階で・・・っていう感じなんですけどね。
ケアレスミス大量といっても2時も同じ感じになることも有り得るし・・・(2次は部分点という形で考慮してくれるからまだマシですけど)。





○○さんこんばんは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
二次対策を続けているというのは素晴らしいですね!
出願方法にも、どうしても東大に行くという気迫がこもっています。
でも、センターの結果が出るまでは不安になってしまいますよね。
きっと全国の受験生のみなさんも同じように不安を感じていると思います。
この不安は、結果が出ていない以上、どうしても避けられないものですから、完全に不安を無くすということはできないので、できるだけ上手に不安と付き合っていけるといいですね。
そのためには信頼できる人に相談したり、気分転換で体を動かしたり、二次試験対策に集中したり、ゆっくりお風呂にはいって温かくしてぐっすり眠ったりと、いろいろな方法を試すことができますので、とりあえず何も解決策がないというわけではないと思いつつ、勉強を続けながら、覚悟を決めて結果が出るのを待ちましょう。


サトルさん、こんばんは。○○です。
今日河合の直前プレ受けてきました。結果は前と変わらずっていう所でしょう・・・。
何かセンターもあのザマだし、直前の二次も…ってなってきて自信が無くなってきました。
理科も数学も試験終了直後(まだ解答は見ていない時)に解き進めてみたら完解まで行けたというものがいくらかあったんですけどね、いろいろ見落としていた。
英語は普段文章読むときと違って妙に焦って普段通りに読めなかったし、ってまさにセンター試験のデジャブのようです。まああれに比べればケアレスが無かったという点はまだマシですが。というか英語に関しては完璧に語彙力や言い回しの誤読の多さ(FREEをタダではなく自由ととったまま読み進んでいたり、スペルの見間違いもかなり多い)が目立っていました。国語はもちろん古文もよく分かりませんし、漢文も・・・。
こんな状況でまだ過去問1つも手につけてません。
でも、もう7回目の東大模試にして伸びは0・・・もう無理なんですかね?
仮に能力があったとしてもミスやら見落としや、頭の回転の遅さ(というか判断のスピードや解くスピードが遅すぎる)がひどすぎます。

志望校に関しては、学校や家に対するカモフラージュとして、中期にテキトーな大学を選んどきました。
何かとにかく気が進みませんでしたね・・・。


○○さんこんばんは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
直前プレおつかれさまでした。
ついている実力を上手に試験で出すためには、過去問題の練習が効果的ですよ。
まだ過去問題をやっていないということですから、ぜひやってみてください。
そうすると東大の試験の形式そのものに触れることができるので焦らず実力を発揮できるようになります。


返事ありがとうございます。何か今の実力では無理っぽいようなどうか・・・。
それはそうとさっき2次の受験票が届きました(つまり足切り通過)。
近年の動向を調べて裏をかいて理Ⅱを選択してみたら大当たりでした。

でもあのテストの一件もあるし、嬉しいような嬉しくないような・・・。どっちかと言うと嬉しくないかも


こんにちは、サトルです。
東大入試第一段階選抜合格おめでとうございます!!
でも、うれしくない気持ちもあるというのはよくわかります。
これから二次試験を受けるとなるとプレッシャーがありますものね。
あまりせっぱつまったような感じではなく気楽に受けられるといいですね。


今日過去問を解いていて最高点(化学45点)が出ました。
そして物理は倍くらい時間がかかってますけどある程度のところまでは解けています。
英語なんですが登場人物や説明のとり違い・状況把握のミスや遅れが酷すぎてやっぱり微妙です・・・。
でも設問の答え合わせ・説明を読むと(全文の解説は読んでない)、スラスラ本文が読めたり、設問の答えを改めて答えられたりするんですね。初見が駄目で・・・。
こんなのでは実践的で無さ過ぎます。どうなんでしょうか。


こんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
最高得点おめでとうございます!
時間をかけてもできないという人も多いですから、時間がかかってもできるという時点で、そういう人たちよりも先を行っています。
あとは回数を繰り返して経験してゆくと、少しずつスピードも上がってくるので、ぜひ最後までがんばっていってくださいね。


過去問演習は遅れていますが頑張ります。

それはそうと今日行きつけの散髪屋さんに行きました。
そこには主人さんと奥さんがいるんですが、奥さんとはあまり話すことが無かったので、主人さんだけにはこの受験の事を話していました(夏のオープンキャンパス一件もこの人と俺しか知りません)。
そして主人さんが今日その場で、この一件をたまたま奥さんに話して、奥さんが興味を示しまくりました。
そして足切り一件の事を奥さんに話したら、「(センター試験の足切りを命拾いしたのもラッキーだったかもしれないが、その)運も実力の内だ」と言われました。
この「運も実力の内だ」というセリフはセンター終了直後で学校の担任から志望変更を押されたときに言われたものでした(このときはケアレスミスをしまくった運の悪さっていう嫌味っぽい意味ですけど)。
何か因縁を感じました。
受験の応援だとかでとりあえずいろいろとメイクアップしてもらいました。
そして最後に2人から「そういう考えが有るなら絶対受かる。何があっても受かるでしょう」と言ってもらえました。
今まではこの受験は自分で自分を励ましたり、周囲からは散々な妨害及びやめておけという勧告とかしか有りませんでした。勿論サトルさんとかには絶対受かるということはよく言っていただいています。
ところが直にここまで強く肯定してもらったことはありませんでした。
「この受験ってもう俺だけのものではないんだなあ」と強く感じました。
何か受かるっていう何か目に見えない力というか宿命というかそんなものを感じている俺って大丈夫なんですかね?まあ「神は乗り越えられる試練しか与えない」と強く思っています(あるセリフです)

関係無いんですが、今日旅行代理店の方に行って飛行機の予約をして来ました。
どこか向こうで良い泊まり場所ないですか?


こんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
宿泊施設のことはぼくは知らないのでお役に立てずにごめんなさい。
床屋さんで非常に貴重な体験ができて本当に良かったですね!
そのように身近に応援してくれる人がたくさんいてそしてその好意をしっかりと受け止めることができるのはとても素晴らしいことです。
周囲の皆様のためにもできることを精いっぱいがんばっていきましょう。

« | メイン | »