サトルさんこんばんは、東大志望のYです。
駄文失礼します

今二浪で宅浪しています。
僕は絶対に東大に行きたくて、行きたくてしょうがありません。

現役のとき、話にならない成績だったので下位の国立にも落ちました。

1浪のとき東大にどうしても行きたくなりしたが、センターの足切りが怖く出願すらできませんでした。そんな自分が嫌で国立に出願はしたものの受けに行きませんでした、そして絶対東大に行くんだと決意を固め二浪しました。

今年に入って成績は伸びたし受かると自信を持っていました。

そして…センターの自己採点をして吐きました。

考えた。考えた。考えた。考えた。考えた。考えた。考えた。そう、あらゆる方法をシュミレートした。

もうご飯の味なんてわからなくなり、自分が自分じゃない感覚です。余計ひどいメチャクチャな最悪な結果を考えて狂いそうになりました。

なんとかなるが口癖で常になんとかしてやると思ってきた脳天気な僕がです。


去年一昨年と自分が行きたいと思った大学しか受けなかったので僕は大学に受かったことがありません。

嫌な記憶が脳裏に浮かび絶対受かると確信のある私大も落ちる夢を見ました。


今は大分落ち着きを取り戻し、生きている限り戦えるんだと自殺願望をもみ消し比較的楽観的に構えています。

もう受かったら受かったところに行ってもしも納得できなかったらもう一度東大を目指そう…と。

本当だったら予備校なりいったほうがいいのでしょうが3浪ともなると世間体が気になるでしょうからね。僕は大丈夫なのですが。

サトルさんは3浪して東大ってどうおもいますか?一応化学者を目指しております。仮面浪人はやめておいたほうが良いですか?

今年は出願します、足切りにあうかもしれないけど出願します。もし受かったら僥倖なのですが…可能性は限りなく少ないです。


追記:宅浪は精神が崩壊しかけるのでもし来年宅浪するのでしたら時間の無駄と思わず友人に会うとよいと思います。僕は友人に助けられました。





Yさんこんばんは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
東大に行きたくてしょうがないというのはとてもいいですね!
センター後は大変だったようですが、いまでは落ち着いているということで良かったですね。
3浪して東大は全く問題ありませんよ。
受験生のみなさんからするとなんだかとてもだめなことのように見えるかもしれませんが、
社会人のみなさんからすれば浪人の年数よりも東大か東大以外かということのほうが重要です。
仮面浪人は大変なので積極的におすすめはしませんが、東大を目指すというのは大賛成です。
実際にぼくの周りにもたくさん浪人して東大に入ったという人がたくさんいますし、
東大に入ってしまえばあとは年齢など関係なくみんな同じ東大生です。
ほかにもなにかわからないことや聞いてみたいことがあったら遠慮なくなんでも聞いてくださいね!


こんにちは。センター前日にもメールさせていただいたダイゴです。


昨日のYさんのメールを見て、Yさんと自分は似てるな、と思いメールさせてもらいました。


自分も2浪で宅浪してます。センターはかなり悪かったです。悩んだ末、足切りされるかもしれないのに前期も後期も東大に出願してしまいました。


もしダメなら3浪するしか道はありません。でもとりあえず今は今年のことだけを考えて勉強してます。


やっぱり東大しか行きたくないんです。だからYさんの気持ちもよく分かるし、本当に頑張ってもらいたいです。


僕も2浪目はかなり精神的にキツかったです。住んでる所が田舎なので友達も少ないし、さらに雪の多い地域なので、冬は出不精になってしまいます。


とにかく、Yさんに、一緒に頑張りましょう! という気持ちが伝われば幸いです。


長文で失礼しました。


こんばんは。

○○○○です。

Yさんのメルマガ、読みました。
自分も似たような経験をしているので、辛さが直に伝わります。
多浪よりも東大か否かの方が強く認識される。
そう言われると、少し楽になります。

今日のメルマガの内容や昨日のメルマガのコメントを読むと、自分が辛いことから逃げて、安易な道に進もうとしているようなコメントでした。

やり方はどうあれ、東大を目指すことはできます。
確かに、周りや自分への重圧、不合格への不安は常にあると思います。

一昨日から今日までのメルマガにあるように、シビアに東大か否かで計られ、過程や個人は関係ないのだとしたら、やはり東大を目指したいです。
例え、親が許さなくても働いてでも勉強します。

ボクは特に事情があるわけでもないのに、次は6年目になります。
今日のコメントに何回挑戦しても恥ずかしいことではないとありました。
こんな自分でもいいんでしょうか?


こんばんは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
Yさんに勇気づけてもらうことができて良かったですね!
東大を目指すというのはとても大変なことですが、それにもかかわらず目指したいと思えるというのは、とても素晴らしいことです。
何回も挑戦することは恥ずかしいどころかかっこいいことです。
大きな目標にむかってひたむきに努力することをマイナスにとらえる人なんていないし、もしいたらその人のほうが間違っています。
困難にもくじけずにがんばる姿こそが感動を呼びます。
普通の人はすぐに楽なほうへいってしまうので、何回もがんばるということができません。
だからこそ、何回もがんばれる人のことを尊敬するのです。
何回もがんばれるだけの強さを持っていることに自信を持って、堂々と東大を目指してくださいね!

« | メイン | »