サトルさん、こんにちは。きのうのお返事を読みました。僕はどうしたらいいでしょうか。一応今までのことを話したいと思います。 
僕は地域のトップ校と10くらい差のある偏差値が55の地域2番手の県立高校に行ってました。朝課外とかあって朝早くから授業があり、3年になると夕課外までありました。「予備校は必要ない」がモットーの高校です。僕は野球部に入ってましたが、毎日へとへとでした。
英・国・地は予習復習宿題が追いつかなくても大丈夫でしたが、数・理は優先しても皆無で、基礎もダメ、記述模試はほぼ白紙でした。三年間の平均で偏差値は国・50~65 数・25~35 英・45~55 化・30 物・30~40 
僕は文系に興味がなく、理系を選択しましたが、これだけ悪いと数理だけで進級が危なかったり、陰湿ないじめにあったりしました。三年の10月頃から受験対策授業が本格化するといよいよ手につかなくなり、遅刻が増えました。誰にも相談できず、苦しかったです。1月になっても数理はセンターはおろか二次試験の記述力も全くありませんでした。大学の出願では私立を1つ、国立は前期大分大で、後期は試験のない佐賀大にしました。学校では後期試験対策授業が3月1日の卒業式が終わっても試験がある人は続けて行われたからです。前期試験が終わると僕は3月の間糸が切れたように家にずっといました。結果はどちらも不合格でした。ここまで落ちた自分が情けなくみじめでうつ気味になりました。高校ではそんなに友達ができず、さみしかったです。
4月からは小さな予備校(塾?)に通いましたが、成績はあまり変わらず、10月頃いかなくなりやめました。心療内科に通院しましたが、薬の副作用もあり毎日眠れなくなって勉強が手につかなくなり、12月には色々考えすぎて胸やけおこしたりして体調を崩して、生きる望みがなくなっていました。そして2010年1月現在2浪が決まりました。
そんなときサトルさんの「普通に~」を見てました。東大の行けば、人生が変わるかもしれないと思いました。こんな僕でも東大(理Ⅰ)にいけますか。ブランクが心配ですが(多分4月頃より悪いと思う)、どんなことから始めたらいいでしょうか。僕の住んでいる近くには浪人を受け付けている予備校はありません。現役のみなら河合塾・代ゼミ・北予備ならありますが。しかもいきなり東大コースも無理だと思います。それとも自宅浪人ならどうしたらいいですか。
長くなりましたが、どうかよろしくお願いします。





○○さんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
もちろんいまからでも十分に東大に合格することができますよ。
東大に合格して東大生になれば、人生がまるっきり変わってしまいます。
想像しているよりもはるかに劇的な変化が起こりますから、ぜひ楽しみにしていてくださいね。
地域2番手の高校に入学したということですから、基礎学力がしっかり身に付いていると思います。
高校のモットーは「予備校は必要ない」ということですが、それはとても素晴らしいモットーですね。
予備校に通うのではなく自分で勉強をするほうが学習効率が格段に良くなります。
だから、近くに浪人を受け入れてくれる予備校がないというのもかえってちょうど良かったですね。
これで、予備校に通うという選択肢を考えなくても済むようになってすっきりします。
ただ、ぼくは病院とか病気のことには全く詳しくないので、もし病気などのせいで自宅では勉強できないということでしたら、
無理をして自宅で浪人をするということはなく、必ずぼくの言ったとおりにしなければならないということはないですよ。
もし自宅浪人ができる健康状態でしたら、ぜひ自分で勉強して効率よく成績を上げていきましょう。
また、一人暮らしをして気分を変えると心機一転してより勉強がしやすくなります。

« | メイン | »