こんにちは。久しぶりにメールします、○○です。

センターは散々でした。
何度も演習をしたし、出来る限りのことはしてきたつもりです。親に頼み込んで2浪を許してもらい、やりたいことをたくさん我慢してここまできました。とっくに大学生になった友達からの誘いも断ったし、つらくて泣きながら勉強した日もありました。
その結果が去年より下がったセンターの合計点です。今日まで目指してきた東大の足切りにも明らかに届きません。余りにも情けなくて涙が出ます。

あんなにやったのに、こんなに頑張ったのに、2次すら受けられない。どんなに努力してきたと思える過去を持っていても、たった1回の本番で結果を出せなければ同じなんです。一生懸命取り組んだ経験が大事だなんてキレイゴトは今は気休めにもなりません。

悲しくて悔しくて仕方ないけれど、私の挑戦は今年でおしまいです。これからは私立の勉強を始めます。まだ気持ちの整理は出来ないですが…





○○さんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
がんばってきたのに期待通りの結果が出ないときはとてもつらいですよね。
ぼくも不合格になったときはとても悲しい思いをしたことをよく覚えています。
気持ちの整理が完ぺきではなくても私立の勉強を始めている○○さんのことを、落ちてすぐには勉強ができなかったぼくは心から尊敬します。


サトルさんこんにちは。メールありがとうございました。
昨日のメルマガを読んで少し元気になれた気がします。励まして下さったマカロニさんにも心から感謝したいです。

私も私立は早稲田を受けようと思っています。国立はどこを受けるかまだ考え中ですが、大学院は海外に行くことを以前から決めていたので東大との繋がりはなくなるでしょう。
でも、ずっと憧れてきた東大に対して恨んだりひがんだりするような大人にはなりたくありません。そのためにも自分に自信を持った大人になるために、私もメソメソしてないで先に進まなくてはなりませんね。

つらいのは自分だけじゃない。同じ想いを抱える人がいる。この事実は想像以上の励みになります。
私もあともうひとふんばり、皆さんと一緒に頑張りたいと思います。


こんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
マカロニさんからお便りが届いてよかったですね。
元気になってくれたと聞いたらきっと喜んでくれると思います。
あと少しがんばろうと思えたというのはとても素晴らしいことです。
ぜひみなさんといっしょに歩いて行きましょう。

« | メイン | »